おまとめローンは複数の借り入れをまとめて一本化する金融商品で、まとめることによって借り入れの管理がわかりやすくなったり、金利が安くなったりと利用できれば利用するメリットがある商品といえます。

それに、おまとめローンは貸金業法で規定されている総量規制の例外が適用されるので、たとえおまとめローンが年収の三分の一以上になったとしても審査を受けて審査を通れば、借り入れが可能です。もちろん、もともと総量規制の対象となっていない銀行のおまとめローンは審査に通れば借り入れが可能なのは言うまでもありません。しかし、実際には銀行のおまとめローンは審査が厳しいので、消費者金融などの貸金業者が提供するおまとめローンの方が審査に通りやすいとは言えます。

おまとめローンが総量規制の例外となるのは主に二つの理由からです。

一つ目はおまとめローンが現在ある借り入れをまとめるだけでおまとめローン自体は新規の借り入れではないからです。

二つ目はおまとめローンが貸金業法で言うところの顧客に一方的に有利になり借換えに当たるからです。逆な言い方をすれば、借換えをして顧客に不利になるようなおまとめローンは総量規制の違反行為に当たるということになります。