現在借りている金額については、返済することが義務となっているので、借りている状態なら返済は続けることになります。ただ、どうしても足りないものが出てしまった場合、返済をしている途中でも借り入れをすることが可能です。キャッシングやカードローンは、途中での借り入れも認めており、現在の残高にプラスする形で、残っている枠まで利用することが可能となっています。

これは、クレジットカードと同じように利用できることが大きなポイントとなっており、カードを利用している場合は、返済をしている途中でも使えるようになっています。リボ払いによって、返済は一定の金額に抑えられているので、追加すると返済をすることは厳しくなってしまいますが、それでも足りない時に利用できることは大きなポイントとなっています。生活に苦労しているときは、借りた方がいいことも多いです。

返済はかなり厳しい状態となりますので、どこかで返済額を増やせるようにする工夫をしなければなりません。ただ、返済途中でも借り入れをすることによよって、またお金を増やすことができるのはメリットでもあります。もちろん計画的な借り入れをすることと、借りすぎないように気を付けていなければなりません。